本文へスキップ

院長紹介

経歴

1954年11月 大阪市大淀区(現北区)に生まれる
1973年3月 大阪府立千里高校卒業
1977年3月 関西大学文学部教育学科卒業
1980年3月 関西鍼灸柔整専門学校卒業
1981年1月から1年半 和田鍼灸大学堂にて弟子生活
1989年4月から1年 宮脇鍼灸院にて助手生活
1989年4月 東洋はり医学会入会
1993年4月 漢方鍼医会入会
2008年4月 大阪漢方鍼医会入会
2013年4月から4年 大阪漢方鍼医会代表

当院のあゆみ

1983年1月開業 当初は往診専門
1985年9月 自宅開業
1998年1月 現在地に移転開業

取得資格

1979年5月 あん摩マッサージ指圧師
1980年4月 はり師、きゅう師
2008年11月 リコネクティブ・ヒーリング
レベルⅠ・Ⅱ
2009年4月 リコネクション  レベルⅢ

鍼灸師になった理由

「心理学」を勉強しようと大学に入学しましたが、同じ学科内の「教育学」が面白くなり、「世直しは教育から!」と、教育学専攻に軌道修正しました。被害者本人として高校時代から関わっていた「森永ヒ素ミルク中毒被害者の会」の活動に役立つ職業を考えていたところ、卒業直前になって「鍼灸師になろう!」という”ひらめき"がやってきました。その後はじめて鍼灸治療を受け、資格の取り方を調べました。当時は鍼灸治療が今ほどポピュラーではなく、友人知人の「そんな魔術みたいなん」という反対の声や、「面白そうやん」という賛成の声を聞きながら、大学卒業後すぐに鍼灸専門学校に進みました。後には「先見の明が有った!」と感心される事となりました。考え方の違いで「被害者の会」からは離れましたが、その活動をきっかけにやってきた”ひらめき"は、今でも「天啓」だと思い感謝しています。

このページのトップへもどる
(C) Maki Acupuncture Clinic.  All rights reserved.