本文へスキップ

よくある質問

Q鍼を刺さなくても治るんですか?

A先のとがっていない「鍉鍼(ていしん)」をツボにあてるという方法は、私が所属している「漢方鍼医会」で研鑽を重ねて、脈を整える最善の方法として選択したものです。ツボは皮膚の表面から存在していますし、「氣」は体の外にも流れていて他者(物)と交流しています。鍼をツボに近づける事で、「氣」を補ったり流れを変えたりできるのです。

このページのトップへもどる

Q治療中、何度も脈を診るのはなぜですか?

Aツボを指で触ったり、鍼を近づけたりするだけで、脈が変化します。それを診てツボを決めたり、治療の進め方を判断しているのです。

このページのトップへもどる

Qなぜ、左右両方の脈を診るのですか?

A左右それぞれ3本づつ指を当てているのですが、脈全体の流れと、指を当てている左右6箇所、深浅で、計12ヶ所に当てはめられている12の臓腑(肺・大腸・脾・胃・心包・三焦・心・小腸・肝・胆・腎・膀胱)の脈の形や、お互いのバランス等を診ているのです。

このページのトップへもどる

Qお灸は苦手なのですが...。

Aご心配なく。別の治療院で熱い経験をして、苦手になった方も、当院では、気持ちよくてお灸ファンになる方が多いです。鍼と合わせる事で、より効果が上がりますので、安心して受けてみて下さい。

このページのトップへもどる

Q鍼やお灸をした日は入浴や飲酒はできますか?

A入浴は1時間位空ければ、大丈夫です。お酒は、治療後美味しくなるようなので、飲み過ぎないようにして下さいね。治療前の飲酒は、正しい脈診ができないため厳禁です。

このページのトップへもどる

Q鍼やお灸はどのくらいのペースでしたらいいのでしょうか?どのくらいの通院で症状が治りますか?

Aギックリ腰や五十肩などの急性症状の場合、ひどい痛みや運動制限が解消するまで2、3日続けて来ていただき、回復に応じて少しづつ間隔を開けていきます。
日常生活による肩こりや腰痛などの慢性症状の場合、毎週か隔週くらいに来ていただきます。
ガンや難病など難治性疾患や精神疾患の場合は、週に1、2回来ていただきます。

このページのトップへもどる

Qなんとなく、気分のすぐれない日が続く時にも鍼やお灸は有効でしょうか?

Aまさにそういう症状こそ鍼灸治療に向いています。 たとえ西洋医学的には問題なしでも、自覚的に不調を感じるときは、脈にちゃんと表れています。

このページのトップへもどる

Q鍼治療は合う人と合わない人がいると聞いた事がありますが...。

A治療のやり方に合う合わないや、好き嫌いはあると思いますが、鍼灸治療自体に合わないという事はないと思います。 一度受けて、合わなかったからといって、どんな鍼治療もダメと思われるのは残念です。

このページのトップへもどる

Q鍼やお灸に興味がありながらも、まだ少し抵抗があります。「まずは相談だけ」ということも可能ですか?

Aはい、もちろん大丈夫です。まずはお電話かメールを下さい。

このページのトップへもどる

Q治療にかかる時間はどのくらいですか?

A初診時は、問診票に記入していただいたり、お話を伺ったりするので、40〜60分くらい掛かります。 2回目からは30分くらいです。

このページのトップへもどる

Q慢性的な冷え性と便秘にも効きますか?

A冷え性や便秘にも、まずは全体の気を整えるツボに鍼をします。
それ以外にも足や腰にお灸をします。

このページのトップへもどる

Q治療の際、何か用意するものはありますか?

A治療時にはこちらでご用意する「患者着」に着替えていただきますので、特に用意される必要はありません。

このページのトップへもどる

Q金属アレルギーですが、鍼をしても大丈夫ですか?

A「刺さない鍼」ですので、問題ありません。

このページのトップへもどる
(C) Maki Acupuncture Clinic.  All rights reserved.