本文へスキップ

治療内容

どんな治療?

当院の「漢方はり治療」は、紀元前から中国で編纂された『黄帝内経  素問・霊枢』『難経』という医学書に基づき、日本で研究された「刺さない鍼」を用いて治療します。
両手首のお腹を診て、どの氣の流れ(経絡)に問題が有るかを診断します。その経絡にあるツボに鍼をして氣の流れを整える事を「本治法」といい、使用するのは1〜2ヶ所のツボです。その後「標治法」として、より効果を高める為のお灸や鍼を行います。

「いろいろ不調は有るけれど、病院で検査しても、どこも悪くないと言われる。」そんな時にも、脈診などの東洋医学の診断では、不調の原因が見つかります。不調を「気」「血」「津液(水)」の過不足や滞りととらえます。またそのような状態をもたらしている邪気(風邪・暑邪・飲食労倦の邪・寒邪・湿邪)は何かを診断します。それらが脈やお腹や舌などに現れているのです。
また、気の流れを整える事によって、最も辛い症状だけでなく、その他諸々の症状や精神状態まで改善する事が出来るのです。

西洋医学の薬や手術が「北風」だとすると、東洋医学の鍼やお灸や漢方薬は「太陽」みたいなもの。「北風」が必要な時もありますが、「太陽」によって体自身の力(免疫力、自然治癒力」が発揮され、病という重い上着を自ら脱ぐというわけです。

患者さんの声

歩くのがやっとだったのに、帰りは走れるくらい。刺さないのに不思議。

55歳女性

「今何したんですか?!急に腰が楽になった!」
(治療中)

58歳男性

長年の慢性腰痛。こんなに良くなるなら、もっと早く来れば良かった。

56歳女性

頸や肩の痛いところが治るだけではなく、精神的に楽になります。

42歳男性


交通事故の後遺症であちこち痛かったのが、だいぶマシです。

22歳男性

生理が順調に来るようになりました。

26歳女性

眠れないほど疼いていた五十肩が、1回で楽になりました。

50歳男性

人の声が聞き取りやすくなりました。鼻もスッキリ!

46歳女性


このページのトップへもどる

どんな鍼?

『氣』を補ったり、流れを促したりするのには、痛い鍼は不要です。

当院では、心身の治療に鍼は刺しません。

「鍉鍼(ていしん)」といって先の尖っていない鍼をツボに近づけるだけです。
当院で使用している鍉鍼は森本鍉鍼です。長さ5.5cmの銅製の鍼で、先端2cmが少し細くなっています。

このページのトップへもどる

お灸は?

半米粒大の八分灸か少し大きめの知熱灸を行います。いずれも燃え尽きる前に止めますので、熱くなく、痕も残りません。
原則として、八分灸は特効穴(特定の症状に特に効くツボ)や弱っている所を補いたい時に使います。知熱灸は熱を持っている所や詰まっている所や滞っている所を瀉したい(取ったり流したりしたい)時に使います。

このページのトップへもどる

消毒

鍉鍼(ていしん)やシャーレなど…イルガサンアルコール液
手指や皮膚…ハンドクリーンC

このページのトップへもどる

どんな疾患に効くの?

この治療は「病名」に基づいて行うのではなく、漢方の考え方である『氣・血・津液』の状態に基づいて、その調整を行いますので、どのような疾患に対しても、対応する事が出来ます。
腰痛や肩こり、膝関節痛、五十肩等々の運動器疾患はもちろん、胃腸症状などの内臓疾患やアトピー・鼻炎などのアレルギー疾患、リウマチなどの免疫疾患の方にも受けていただけます。
また、漢方の考え方は、身体疾患も精神疾患も区別しません。どちらも『氣・血・津液』の変動と捉えるからです。鬱病やパニック障害などの方にもお勧めです。腰痛治療の為に来たのに、クヨクヨする事が無くなったとか、イライラしなくなったというような声もよくお聞きします。
また今ある症状が取れても、健康管理や疾病予防の為、継続して治療を受けられる事をお勧めします。

このページのトップへもどる

「氣」ってなに?

物質を構成しているもの、それらを動かしている作用すべてが広い意味の『氣』です。意識作用とも関係が深く、『意識を持ったエネルギー』ともいわれています。体の中では、それをさらに『氣』『血』『津液』に分けることができます。

『氣』とは生理作用の中心をなすもので、臓腑や組織を活動させたり、温めたり、守ったりするものです。
『血』とは氣と共に全身を流れ、臓腑や組織を養います。精神活動を支える物質でもあります。
『津液』とは人体を潤す水液のことです。血の中の重要な成分でもあります。

気配、人気、気分、気心、元気、覇気、気風、気質、気配り、気に入る…。
私たちは、数え切れない程の『氣』(気)のつく言葉を、ふだん、何気なく使っています。私たち(人間も動物も、あらゆる物も)は『氣』に囲まれ、『氣』で構成されています。
私たちは、呼吸によって自然界の氣を取り入れ、飲食物から水穀の氣を吸収し、両親から先天の氣を受け継いでいます。人間もまた、自然の一部であり、目に見えたり触れたりできる要素と、そうでない要素を合わせ持った存在なのです。
『氣』(気)という文字は、お米を炊いた時に出る湯気を表わしています。目に見えないけれど確かにある働きのことです。

このページのトップへもどる

美顔鍼

患者さんからのご要望により、美顔鍼を始めました。
顔のツボに30本〜40本、その他頭頸手足に約10本の鍼を刺します。美顔用に開発されたとても細い鍼(太さ0.1mm 、長さ15mm、ディスポ鍼)で鍼尖が丸く、刺す時に痛みを伴いません。置鍼している15分間、心地よくリラックスしていただけます。

たるみ・しわ・くすみ・しみ・にきび・肌荒れ・アトピー肌などに効果的です。さらに、目の疲れや鼻炎にも効果が有ります。

美顔鍼施術の様子


当院では、写真を撮っての経過観察は致しません。ご自分で効果をご確認ください。

施術費

● 4,500円
 当院で治療を受けたことのある方は3,500円

● 回数券…[8回分] 33,000円
 当院で治療を受けたことのある方は[8回分]26,000円

※ お顔の状態には、気血水の流れや内臓の状態が深く関わっています。美顔鍼と同時にお体全体の治療を受けられる事をお勧めします。

受けられた感想

アゴが柔らかくなって喋り易くなった。

69歳女性

翌日、鏡を見たら10年前の目になっていた!

59歳男性

日が経つにつれ、ほうれい線が薄くなるのが分かる。

61歳女性

顔色が良くなって、すっきり!

45歳女性


このページのトップへもどる
(C) Maki Acupuncture Clinic.  All rights reserved.